So-net無料ブログ作成
検索選択

東後畑棚田 

山口県の北部、日本海に面した長門市の西部、旧日置町では農業が盛んで、山間部では山並みの傾斜を利用し、棚田を多く見ることができます。
また、長門市は日本海に面している事もあり、漁業も盛んで日本海沿岸では、夕方から夜にかけて、イカ釣り漁船の漁火を見ることができます。

旧日置町中部、雨乞丘の北側に東後畑(ひがしうりろばた)という地域があります。この地域では山沿いの棚田、日本海のイカ釣り漁船の漁火を同時に望むことができます。

5月中旬、田植えのため棚田に水張りを行います。そして、イカ釣りは最盛期を迎えるため漁船が沖合いに漁へ出ます。
この時期になると、多くの漁船の漁火と月明かりに反射する棚田の幻想的な風景を見ることができます。

また、西向きに日本海を望むため、向津具半島に沈みゆく夕日も見ることができます。

これらの美しい風景は、「日本の棚田百選」にも選ばれれています。

SNJ photograph.
東後畑棚田と漁火
2016:05:31 19:51
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
21mm, F13, 30秒, ISO 160, EV 0


周辺地図

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:風景 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

Exiftool 

デジタルカメラで写真を撮影すると、ほとんどのカメラで「Exif」と呼ばれるメタ情報が画像ファイルに自動的に書き込まれます。
このExif情報には、撮影した日時をはじめ様々な情報が書き込まれています。

Macでは、画像ファイルを開くと一般的に「プレビュー」というアプリケーションで開くと思いますが、プレビューのメニューからツール→インスペクタを表示(Command+I)を選ぶと書き込まれたExif情報を簡単に見ることができます。

しかし、Exif情報を修正したいとなると、なかなか良いアプリケーションがなく困っていました。
インターネットで探していると「Exiftool」と呼ばれるものを用いると、キーボードからコマンドと呼ばれる命令を打ち込むと、Exif情報の書き換えが行えるらしいので、私も試してみることにしました。

導入から簡単な使い方までを少しまとめておきたいと思います。


導入方法

ExifTool by Phil Harveyより「Mac OS X Package」(dmgファイル)をダウンロードします。

dmgファイルをマウントすると、pkgファイルが表示されます。
pkgファイルをそのままダブルクリックすると「開発元が未確認のため開けません」となるため、右クリックから開くを選択しインストールする。

ターミナルを起動し、設定されたコマンドを入力すると、Exif情報の閲覧や編集を行うことができます。
ターミナルの場所がわからない場合は、Spotlight検索から「ターミナル」と検索すると出てくると思います。


基本的な使い方

Exif情報を表示
exiftool ファイル名

ターミナルに「exiftool」と入力後、半角スペースを開けます。そして、Exif情報がある画像ファイルをドラッグ&ドロップし、Enterキーを押すと、埋め込まれたExif情報が一覧で表示されます。
画像ファイルは、複数選択も可能です。


Exif情報から特定の項目だけを表示
exiftool -タグ名 ファイル名

先ほどの「exiftool」とファイル名の間にさらにスベースクギリを行い、-(マイナス)に続けてタグ名と呼ばれるものを指定すると、特定の項目だけを表示することができます。
タグ名を調べたい場合は、下記のコマンドを実行することで調べることができます。


Exif情報をタグ名で表示
exiftool -s ファイル名

ドラッグ&ドロップした画像に書き込まれたExif情報をタグ名で表示します。


Exif情報を日本語で表示
exiftool -lang ja ファイル名

英語ではよく分からないという場合、「-lang ja」を追加することで、日本語で表示します。


Exifタグがメーカー独自のものか調べる
exiftool -G ファイル名

「-G」を追加することで、各社共通のタグか、メーカー独自のタグか調べることができます。
「MakerNote」と記載されているものがメーカー独自のタグのようです。


撮影日時を追加・修正する
exiftool -CreateDate="撮影日時" ファイル名

撮影した日時を追加・修正することができます。撮影日時の部分は「2010:01:01 00:00:00」のような形式で指定します。撮影日時以外にもタグ名の部分を変更することで応用は可能です。
なお、上記のコマンドではバックアップとして自動でオリジナルのファイルを作成されます。以下のように実行すると、元の画像に上書き保存されます。
exiftool -overwrite_original -CreateDate="撮影日時" ファイル名




Apple ScriptやAutomatorと組み合わせれば、もっと色々操作することが可能なようです。
今の私にはそこまで知識がありません・・・。

少しづつ勉強していこうと考えています。
※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:コラム / 共通テーマ:趣味・カルチャー

ナガサキアゲハ 

全長は6センチ程度で、オスよりもメスの方が大きく、日本産のチョウでは最大級らしいです。
関東以西の平野部で見ることができ、クロアゲハによく似ています。

SNJ photograph.
ナガサキアゲハ
2016:05:04 08:56
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F6.3, 1/400秒, ISO 250, EV +1/3


SNJ photograph.
ナガサキアゲハ
2016:05:04 08:58
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F8, 1/1000秒, ISO 1250, EV 0

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:昆虫 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

福山レールエクスプレス号 

JR貨物と福山通運は、2017年5月8日より、名古屋貨物ターミナル~福岡貨物ターミナル間で福山通運の専用貨物列車「福山レールエクスプレス号」の運行を開始しました。
2013年3月に東京~大阪間で1往復が運行を開始し、2015年3月からは東京~福山間で1往復が運行されており、今回の運行開始で3往復目となります。
大型トラック60台分をモーダブルシフト(鉄道輸送に切り替える)することにより、近年問題視されているトラックドライバー不足を解消し、合わせてCO2の削減を図るとのことです。

名古屋貨物ターミナル~福岡貨物ターミナル間での1番列車は、通常のEF210形での運行ではなく、EF66形での代走となり、天気もあいにくの雨模様となりました。

SNJ photograph.
福山レールエクスプレス号 EF66形133号機 57レ
2017:05:09 09:14
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
119mm, F5.6, 1/640秒, ISO 500, EV 0

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

EF65形 電気機関車 

「EF65形電気機関車」は、国鉄時代に輸送量の増強のために「EF60形」の後継機として、開発・製造された、平坦路線向け直流用の電気機関車です。
1964年〜1978年にかけて、合計で308両が製造され国鉄の電気機関車史上最多の製造数らしいです。

SNJ photograph.
EF65形1124号機
2016:06:09 11:12
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F13, 1/400秒, ISO 2000, EV +1/3

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー