So-net無料ブログ作成
検索選択

C56形 蒸気機関車 

鉄道省(国鉄の前身機関)時代に製造された蒸気機関車で、小型軽量なため「ポニー」の愛称で親しまれており、ファンの間では「シゴロク」と呼ばれています。

C56形は動輪を3つとし、主に旅客用として活用されました。

昭和7年に大型の機関車では入線できない支線の運用を目的として、小型軽量、前後進が可能、保守管理が容易な機関車が計画され、「C12形 蒸気機関車」が開発されました。
C12形 蒸気機関車は、短距離での運用が行われていたため、さらに走行距離の長い路線での運用を行うため、C12形 蒸気機関車から水槽、炭庫を取り外し、再設計の末、昭和10年に誕生したのが、「C56形 蒸気機関車」でした。

C56形 蒸気機関車は、昭和10年〜昭和14年の間に、160両が製造されました。
現在、動態保存されている車両は、JR西日本が所有する「160号機」と、大井川鐵道が所有する「44号機」の2機のみです。


C56形160号機について

平成7年より運転を開始した、北陸本線の米原駅-木ノ本駅間で運行が行われている「SL北びわこ号」を主として、山口線の新山口駅-津和野駅間で運行が行われている「SLやまぐち号」のC57形1号機との重連運転、C57形1号機の整備時や故障時等による、代替牽引機などとして使用されています。

この車両は、過酷な運用を行ってきたことにより老朽化が問題視されており、また平成18年に歴史的文化価値があるとして「準鉄道記念物」に指定された事もあり、平成29年に「D51形200号機」を復活させ、C56形160号機を引退される事が予想されています。

SNJ photograph.
C56形160号機 SLクリスマス号
2015:12:20 11:26
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
200mm, F8, 1/500秒, ISO 3200, EV -1/3

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: