So-net無料ブログ作成
検索選択

C57形 蒸気機関車 

鉄道省(国鉄の前身機関)時代に製造された蒸気機関車で、性能が良く長く活躍し、国鉄の旅客用蒸気機関車の代名詞でした。
ボイラが細く美しいため「貴婦人」の愛称で親しまれており、ファンの間では「シゴナナ」と呼ばれています。

C57形は動輪を3つとし、スピード重視の蒸気機関車として、主に旅客用として活用されました。

昭和12年に、C55形の63号機として製造された機関車だったのですが、改良点が多かったために、「C57形」と改め新形式が採用され誕生し、昭和12年〜22年までの間に201両が製造されました。

現在、動態保存されているのは、JR西日本が所有し主にSL「やまぐち」号(山口線)として活躍している「1号機」、JR東日本が所有し主に「SLばんえつ物語号」(磐越西線)として活躍している「180号機」の2機のみです。

SNJ photograph.
C57形1号機 SL「やまぐち」号
2016:07:17 11:18
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
76mm, F8, 1/800秒, ISO 640, EV +2/3


SNJ photograph.
C57形1号機 SL「やまぐち」号
2017:03:19 10:52
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
85mm, F8, 1/640秒, ISO 1250, EV +3

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

C56形 蒸気機関車 

鉄道省(国鉄の前身機関)時代に製造された蒸気機関車で、小型軽量なため「ポニー」の愛称で親しまれており、ファンの間では「シゴロク」と呼ばれています。

C56形は動輪を3つとし、主に旅客用として活用されました。

昭和7年に大型の機関車では入線できない支線の運用を目的として、小型軽量、前後進が可能、保守管理が容易な機関車が計画され、「C12形 蒸気機関車」が開発されました。
C12形 蒸気機関車は、短距離での運用が行われていたため、さらに走行距離の長い路線での運用を行うため、C12形 蒸気機関車から水槽、炭庫を取り外し、再設計の末、昭和10年に誕生したのが、「C56形 蒸気機関車」でした。

C56形 蒸気機関車は、昭和10年〜昭和14年の間に、160両が製造されました。
現在、動態保存されている車両は、JR西日本が所有する「160号機」と、大井川鐵道が所有する「44号機」の2機のみです。


C56形160号機について

平成7年より運転を開始した、北陸本線の米原駅-木ノ本駅間で運行が行われている「SL北びわこ号」を主として、山口線の新山口駅-津和野駅間で運行が行われている「SLやまぐち号」のC57形1号機との重連運転、C57形1号機の整備時や故障時等による、代替牽引機などとして使用されています。

この車両は、過酷な運用を行ってきたことにより老朽化が問題視されており、また平成18年に歴史的文化価値があるとして「準鉄道記念物」に指定された事もあり、平成29年に「D51形200号機」を復活させ、C56形160号機を引退される事が予想されています。

SNJ photograph.
C56形160号機 SLクリスマス号
2015:12:20 11:26
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
200mm, F8, 1/500秒, ISO 3200, EV -1/3

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

JR西日本 30周年 

JR西日本をはじめとしたJR各社は、平成29年4月で発足30周年を迎えました。
山口線では、記念ヘッドマークをつけたSL「やまぐち」号が運行されました。

これからも益々の活躍を期待しています。

SNJ photograph.
C57形1号機 SL「やまぐち」号 JR西日本 発足30周年記念ヘッドマーク
2017:04:01 17:24
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F8, 1/800秒, ISO 500, EV -1

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

SL「やまぐち」号 

SL「やまぐち」号は、新山口駅-津和野駅間を、3月〜11月の主に土日祝日に1日1往復行っており、山口県を代表する観光列車となっています。

山口線沿線の地域住人は、SLやまぐち号が通過する際、農作業等の作業を止めて乗客に向けて手を振るというおもてなしをおこなってくれる方がたくさんいます。

SL「やまぐち」号は、主に「C57形1号機」にて牽引されています。C571は、昭和47年に定期運行を終了後、梅小路蒸気機関車館で動態保存されていたいましたが、昭和54年から蒸気機関車の復活運転を行うことが決定しました。
都心部より離れており沿線に有名観光地があり、新幹線との接続があるという理由で「山口線」が運転路線として候補に上がり、SL復活第1号として運転を再開しました。

snj_7D2_0866.jpg
C57形1号機 SL「やまぐち」号
2016:07:16 11:21
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F8, 1/800秒, ISO 1250, EV -2/3


公式ホームページ

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

レノファ山口FC ラッピング列車 

2016年4月〜2012年3月までの3年間、キハ40系の2両を「レノファ山口FC」をデザインに組み入れたラッピング列車として山口線を中心に運行しています。

SNJ photograph.
レノファ山口FC ラッピング列車
2017:05:31 08:58
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
39mm, F10, 1/160秒, ISO 640, EV +2/3


snj_IMG_3792.jpg
レノファ山口FC ラッピング列車
2016:04:10 15:38
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
39mm, F6.3, 1/125秒, ISO 100, EV +1/3


snj_7D2_1775.jpg
レノファ山口FC ラッピング列車
2016:08:01 12:42
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
47mm, F10, 1/800秒, ISO 1000, EV +1

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー