So-net無料ブログ作成

Duet Displayでデュアルディスプレイ化 

写真編集やウェブ制作を行っていると、画面領域がもっと欲しいと感じてしまうことがあります。
そういった時、ディスプレイをもう1台接続してデュアルディスプレイにする方法があります。
最近は液晶ディスプレイも安くなり、フルHDのものでも10,000円程度で購入する事ができるようになりました。
私も、デュアルディスプレイにしたいと前から考えていますが、なかなか買うまでには至っていません。

先日、インターネットで、iPadとパソコンをUSBで接続して、iPadをサブディスプレイとして活用できるという記事を見つけました。

丁度私は、MacBook Proと初代iPad Airを所持しているため、あとはアプリを購入すれば手軽にデュアルディスプレイ化できると思い、早速試してみることにしました。

使用するアプリは「Duet Display」というものです。
通常は、2,400円するらしいのですが、期間限定セール中で半額の1,200円で購入することができました。
ネットのレビューでは、表示のタイムラグも少なく一般的な作業であれば、なかなか使い勝手は良いとのことでした。


導入方法
  1. まず、サブディスプレイとして活用したいiPad(iPhoneでも可能)からApp Storeアプリを起動し「Duet Display」と検索し、購入する
  2. ダウンロード、インストールが完了したら「Duet Display」を起動する
  3. パソコンにも「Duet Display」のアプリをダウンロード、インストールして起動する
  4. USB⇔LightningケーブルでパソコンとiPadを接続する

以上です。


特に複雑な操作をすることなく、あっさりと接続できました。

私の使用感ですが、ネットではタイムラグが少ないとの意見が多かったのですが、私にはタイムラグが気になりました。私のiPadが少し古いからでしょか?最新機種だと、もう少しタイムラグは少ないんですかね?
あとは、パソコンが結構熱くなるのも気になりました。

個人的には、あまりオススメはしません。

ただ、出張や旅行などの出先で手軽にデュアルディスプレイにできる事を考えると意外と便利な気がします。
自宅でしか使わないという方は、少しお金はかかりますが、普通に液晶ディスプレイを購入したほうが良いかと思います。
※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:コラム / 共通テーマ:趣味・カルチャー