So-net無料ブログ作成

Exiftool 

デジタルカメラで写真を撮影すると、ほとんどのカメラで「Exif」と呼ばれるメタ情報が画像ファイルに自動的に書き込まれます。
このExif情報には、撮影した日時をはじめ様々な情報が書き込まれています。

Macでは、画像ファイルを開くと一般的に「プレビュー」というアプリケーションで開くと思いますが、プレビューのメニューからツール→インスペクタを表示(Command+I)を選ぶと書き込まれたExif情報を簡単に見ることができます。

しかし、Exif情報を修正したいとなると、なかなか良いアプリケーションがなく困っていました。
インターネットで探していると「Exiftool」と呼ばれるものを用いると、キーボードからコマンドと呼ばれる命令を打ち込むと、Exif情報の書き換えが行えるらしいので、私も試してみることにしました。

導入から簡単な使い方までを少しまとめておきたいと思います。


導入方法

ExifTool by Phil Harveyより「Mac OS X Package」(dmgファイル)をダウンロードします。

dmgファイルをマウントすると、pkgファイルが表示されます。
pkgファイルをそのままダブルクリックすると「開発元が未確認のため開けません」となるため、右クリックから開くを選択しインストールする。

ターミナルを起動し、設定されたコマンドを入力すると、Exif情報の閲覧や編集を行うことができます。
ターミナルの場所がわからない場合は、Spotlight検索から「ターミナル」と検索すると出てくると思います。


基本的な使い方

Exif情報を表示
exiftool ファイル名

ターミナルに「exiftool」と入力後、半角スペースを開けます。そして、Exif情報がある画像ファイルをドラッグ&ドロップし、Enterキーを押すと、埋め込まれたExif情報が一覧で表示されます。
画像ファイルは、複数選択も可能です。


Exif情報から特定の項目だけを表示
exiftool -タグ名 ファイル名

先ほどの「exiftool」とファイル名の間にさらにスベースクギリを行い、-(マイナス)に続けてタグ名と呼ばれるものを指定すると、特定の項目だけを表示することができます。
タグ名を調べたい場合は、下記のコマンドを実行することで調べることができます。


Exif情報をタグ名で表示
exiftool -s ファイル名

ドラッグ&ドロップした画像に書き込まれたExif情報をタグ名で表示します。


Exif情報を日本語で表示
exiftool -lang ja ファイル名

英語ではよく分からないという場合、「-lang ja」を追加することで、日本語で表示します。


Exifタグがメーカー独自のものか調べる
exiftool -G ファイル名

「-G」を追加することで、各社共通のタグか、メーカー独自のタグか調べることができます。
「MakerNote」と記載されているものがメーカー独自のタグのようです。


撮影日時を追加・修正する
exiftool -CreateDate="撮影日時" ファイル名

撮影した日時を追加・修正することができます。撮影日時の部分は「2010:01:01 00:00:00」のような形式で指定します。撮影日時以外にもタグ名の部分を変更することで応用は可能です。
なお、上記のコマンドではバックアップとして自動でオリジナルのファイルを作成されます。以下のように実行すると、元の画像に上書き保存されます。
exiftool -overwrite_original -CreateDate="撮影日時" ファイル名




Apple ScriptやAutomatorと組み合わせれば、もっと色々操作することが可能なようです。
今の私にはそこまで知識がありません・・・。

少しづつ勉強していこうと考えています。
※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:コラム / 共通テーマ:趣味・カルチャー