So-net無料ブログ作成
検索選択

元乃隅稲成神社 

山口県長門市、日本海に面した断崖絶壁に123本の朱色の鳥居が連なります。白狐のお告げにより昭和30年に島根県津和野町の「太皷谷稲成神社」より分霊された神社です。
平成27年にアメリカCNNが発表した「日本で最も美しい場所31」のひとつに選出され、今世界が注目するパワースポットです。

SNJ photograph.
元乃隅稲成神社
2016:05:31 15:07
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
18mm, F10, 1/160秒, ISO 100, EV 0


周辺地図

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:風景 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

火の山公園 

山口県下関市の中心街、壇ノ浦にある「みもすそ川」交差点より少し内陸側に進むと、関門海峡沿いに標高268mの「火の山」があります。
山頂は「火の山公園」としてアスレチック施設、展望台、回転展望レストランなどがあり、下関市街、福岡県北九州市を一望する事ができます。

夜景は、関門橋のライトアップや海響館、はいっ!からっと横丁の観覧車、門司港レトロ、北九州市の工業地帯などの煌めきを楽しむ事ができ、日本夜景遺産に認定されています。
※関門橋のライトアップの時間は、5〜8月=20時~23時、9~10月=19時~22時、11~1月=18時~21時、2~4月=19時~22時だそうです。

下関市ではメジャーな観光名所で、デートスポットにもオススメです。

山頂へは、「ロープウェイ」もしくは、自動車で登頂する事ができる「パークウェイ」を利用しますが、ロープウェイの夜間運行は繁忙期のみなので、夜景を楽しみたい場合は通常パークウェイを利用します。

4月上旬頃、ロープウェイ下駅駐車場周辺は、姉妹都市であるトルコのイスタンブールより寄贈された約4万球のチューリップ、約1万2千株のビオラ、830本のソメイヨシノが咲き誇り、圧巻です。

火の山公園展望台から望む関門海峡の夜景
2016:06:03 19:52
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
18mm, F13, 13秒, ISO 640, EV 0


周辺地図

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:風景 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

SL「やまぐち」号 

SL「やまぐち」号は、新山口駅-津和野駅間を、3月〜11月の主に土日祝日に1日1往復行っており、山口県を代表する観光列車となっています。

山口線沿線の地域住人は、SLやまぐち号が通過する際、農作業等の作業を止めて乗客に向けて手を振るというおもてなしをおこなってくれる方がたくさんいます。

SL「やまぐち」号は、主に「C57形1号機」にて牽引されています。C571は、昭和47年に定期運行を終了後、梅小路蒸気機関車館で動態保存されていたいましたが、昭和54年から蒸気機関車の復活運転を行うことが決定しました。
都心部より離れており沿線に有名観光地があり、新幹線との接続があるという理由で「山口線」が運転路線として候補に上がり、SL復活第1号として運転を再開しました。

snj_7D2_0866.jpg
C57形1号機 SL「やまぐち」号
2016:07:16 11:21
Canon EOS 7D Mark II, SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
300mm, F8, 1/800秒, ISO 1250, EV -2/3


公式ホームページ

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:鉄道 / 共通テーマ:趣味・カルチャー

レンズ保護フィルター 破損対処まとめ 

先ほどカメラバッグからカメラを取り出したところ、ジャラジャラと嫌な音が。。。

レンズ側を見ると、フロントキャップが少し食い込んで外れませんでした。
壊れそうで怖かったけど思い切ってフロントキャップを引っ張ると意外に簡単に外れ、それと共に粉々になったガラス片が落ちてきました。
かなりショックでした。

私の「SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」に取り付けてあった、レンズ保護フィルター「MC プロテクターNEO 72mm」が粉々になっていました。
幸い、レンズには影響はなかったようです。

レンズ保護フィルターがいかに重要か思い知りました。



そういえば昨日、車のドアを開けた時、ついカメラバッグごと落下させてしまったことを思い出しました。
そんなに激しく落ちてなかったので、その時は中身を確認していませんでしたが、当たりどころが悪かったようです。

レンズが傷つかないように、慎重にガラス片を除去しました。
フィルター枠だけになった保護フィルターを外そうとしたのですが、どうやら少し変形しているようで外れません。。。

インターネットで外し方を調べ、色々と試してみたので、その過程を紹介したいと思います。

まず、輪ゴムをフィルター枠に取り付け回してみましたが、結果は外れませんでした。
ネジ部の滑りを良くするために、CRC(潤滑剤)を少量吹きかけてみました。

次に、枠をニッパーで切断し、ペンチでフィルター枠を内側に折り込むと外れるという荒技を見つけたので、少しニッパーで切り込みを入れるところまでやってみましたが、怖くて断念しました。。。

自宅にあった道具や工具では太刀打ちできなかったので、近所のホームセンターを物色しに行くことにしました。

結局、アストロプロダクツという工具屋さんで見つけた、「オイルフィルタープライヤー」という工具がイケそうな気がしたので、思い切って購入してみました。
本来は、自動車のオイルフィルターを取り外すための工具みたいです。
φ60〜90mmまで対応と記載があり、価格は¥1,100(税抜)でした。



自宅に帰り、レンズ側を傷つけないように、フィルター枠だけに噛ませゆっくり回してみると、見事取り外しに成功しました。
修理に出すと2〜3万円掛かるようなので、助かりました。

カメラやレンズは大切に取り扱うように気をつけたいと改めて思いました。

ちなみに普段の取り外しは「フィルタールーズ」というものを使用するようにしてください。


※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:コラム / 共通テーマ:趣味・カルチャー

広角 ズームレンズ 

Canon EF/EF-Sマウントに取り付け可能な広角ズームレンズです。


CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
CANON EF11-24mm F4L USM
CANON EF16-35mm F2.8L III USM
CANON EF16-35mm F4L IS USM
CANON EF17-40mm F4L USM
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
SIGMA 12-24mm F4 DG HSM Art
SIGMA 24-35mm F2 DG HSM Art
TAMRON 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)
TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF] (Model B001)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)
TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye (10-17mm F3.5-4.5)
TOKINA AT-X 116 PRO DX II (11-16mm F2.8)
TOKINA AT-X 11-20 PRO DX (11-20mm F2.8)
TOKINA AT-X 12-28 PRO DX (12-28mm F4)
TOKINA AT-X 14-20 F2 PRO DX (14-20mm F2)
TOKINA AT-X 16-28 F2.8 PRO FX (16-28mm F2.8)
TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX (17-35mm F4)


生産終了したレンズ
編集中


レンズメーカーの公式ホームページ



※掲載している価格は記事作成当時の価格です。

※当ブログ内の文章・画像等の無断転載及び複製等は禁止です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリ:製品 / 共通テーマ:趣味・カルチャー